Top >  豊胸手術 >  豊胸のバッグ

スポンサードリンク

豊胸のバッグ

豊胸をする際、安全性の高いバッグを使用することは大切です。
最近では、プロテーゼバッグを入れる方法が主流といえます。 
プロテーゼバッグの施術では、ワキの下のシワに沿ってメスを入れるので傷跡が目立ちません。
また手術では、ワキの下にある横ジワに沿って約3〜4cm切開するのですが、傷跡は数ヶ月が経てば赤味が消えていき、ワキのしわと同化するので、傷跡もほとんど目立ちません。
ですので、ノースリーブや水着を着ることに抵抗を感じることもないでしょう。
またプロテーゼバッグは乳腺の下に入れるので、豊胸手術後の授乳も可能です。
ただバッグを使うにあたり、劣化や変形が心配ですよね。
ですので、この不安を解決したバッグを使うことが理想です。
クリニックによっては、安全性にくわえて仕上がりにこだわり、特別オーダーのシリコンバッグを採用しているところもあります。
触れば温かく、非常に柔らかい自然なバッグ。
これが理想ですよね。
特にオリジナルのバッグを開発しているクリニックでは、それだけの経験と技術を持ち合わせていると考えられます。
クリニックを選ぶポイントのひとつとして、豊胸バッグに対するこだわりを持っているかどうか、ということを確認するのもよいかもしれませんね。

 <  前の記事 麻酔と手術の方法  |  トップページ  |  次の記事 乳房の大きさ  > 

         

更新履歴

お気に入り

中古 本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ方法!これだけは知っといて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。