Top >  豊胸手術 >  臨床例

スポンサードリンク

臨床例

臨床例とは、すなわち施術の経験数をいいます。
経験数が多いから一概によい、というわけではありませんが、いろいろな症状を経験し、最新の技術にも精通している可能性は高いといえるでしょう。
ですので、臨床例を尋ねてみるということは、結構大切なことかもしれません。
某有名クリニックの豊胸術の症例数は、3万件とも言われています。
さらに現在も月に100件以上のペースで増え続けているそうです。
驚いてしまいますね。
ただしここで誤解しないでほしいのは、臨床例=技術というわけではありません。
臨床数は確かに大切な選択基準ですが、何より医師との信頼度を測ることがより重要と思われます。
いくら臨床例が多いといっても、あまりに真剣に相談にのってもらえないようなら、あまりよいクリニックとはいえないかもしれませんね。
それとは反対に、臨床数は少なくてもk、問題なく施術できる内容で、医師とのあいだに信頼感が得られるのであれば、そのクリニックでの施術を考えてみるのもよいのではないでしょうか。

 <  前の記事 理想のバストとクリニック  |  トップページ  |  次の記事 麻酔と手術の方法  > 

         

更新履歴

お気に入り

中古 本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ方法!これだけは知っといて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。