Top >  豊胸手術 >  豊胸手術後

スポンサードリンク

豊胸手術後

個人差はありますが、術後2週間くらいで筋肉痛のような痛みを感じる人もいます。
この時が大切な時期なのです。
バストの仕上がり具合や、維持することを考えると、この期間のアフターケアは、とても大切です。
痛みが気になる場合は、鎮痛剤を飲むことをお勧めします。
軽い痛みはしばらく続き、人によってはバストのむくみや、違和感を感じる場合もあります。
こういった症状は、1ヶ月ほど過ぎると落ち着いてきます。
また痛みが完全になくなっても、術後2ヶ月程度はアフターケアが重要です。
まれにからだに異物が入ってきたということで、体内で変化が起きることがあります。
「カプセル拘縮」という症状がこれにあたります。
この症状は、バストに挿入したバッグのまわりに皮膜ができ、バッグを締め付けることによって起こる症状です。これは異物に対して反応しているためだと考えられています。
この症状を予防するには、バッグの選定のときにカプセル拘縮がおこりにくい表面のザラザラしたタイプの豊胸バッグを使うことでも回避されますし、じゅうぶんなマッサージをするだけでも可能です。
いづれにしても、事前に医師としっかり相談することが、いちばんですね。

 <  前の記事 乳腺下法の手術  |  トップページ  |  次の記事 簡単な豊胸術  > 

         

更新履歴

お気に入り

中古 本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ方法!これだけは知っといて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。