Top >  豊胸手術 >  乳腺下法の手術

スポンサードリンク

乳腺下法の手術

乳腺下法の手術について説明します。
まず脇の下を切開します。
切開は目立たないように、脇の下の横ジワに沿って行われます。
一般的に切開する範囲は、約3〜4センチ。
手術は1時間ほどで終わります。
麻酔が心配な人もいらっしゃいますが、局所麻酔ではなく全身麻酔をするので、手術による痛みはありません。また手術後は歩いて帰ることができます。
仕事などは、事務などのデスクワークであれば、術後2日目くらいからは問題なくこなせるでしょう。
また切開手術には抜糸がつきものです。
術後から1週間ほど後が一般的です。
その時に、アフターケアも兼ねて検診をするのが一般的です。
検診の結果、バストの状態によっては、マッサージなどが必要になる場合もあります。
例えば、超音波によるマッサージが必要など、アドバイスがもらえるのです。
こういったことも踏まえて、術後に気になっていること、心配していることなどは、この時にしっかりと医師と相談することが大切です。
また術後に傷跡が残るのでは、と気になっている人も多いと思います。
切開するのは4センチほどですから、確かにその時点で傷は残っていますが、数ヶ月もすれば赤みは消えて、脇の下のシワと同化し目立たなくなります。
そもそも脇の下は目立ちにくい場所なので、傷跡も目立つことはないと思ってよいでしょう。

 <  前の記事 豊胸手術  |  トップページ  |  次の記事 豊胸手術後  > 

         

更新履歴

お気に入り

中古 本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ方法!これだけは知っといて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。