Top >  豊胸手術 >  豊胸手術

スポンサードリンク

豊胸手術

最も一般的な豊胸手術とは、みんさんもご存知の豊胸バッグを入れる方法でしょう。
豊胸バッグの入れる場所としては、大胸筋下法または乳腺下法の2つに分けられます。
ではここで、それぞれの特徴を説明していきます。
まず大胸筋下法の特徴としては、乳腺の下にある大胸筋に豊胸バッグを挿入します。
挿入したバッグの輪郭も目立ちにくく、バストの形や感触も自然なままです。
からだが痩せている人、乳腺や皮下脂肪が少ない人、皮膚が薄い人でも厚い大胸筋の下の方にバッグを入れるので、目立たないとういのが特徴です。
では次に乳腺下法ですが、こちらは大胸筋下法とは反対で、大胸筋の上にある乳腺の下にバッグを挿入する方法です。
筋肉のうえにバッグを入れるので、バッグそものもがもつ感触や柔らかさが、そのままバストの柔らかさに反映されます。
バストを少しだけ大きくしたい人、出産、授乳で垂れてしまったバストをバストアップしたい人には、この方法が良いでしょう。

 <  前の記事 豊胸  |  トップページ  |  次の記事 乳腺下法の手術  > 

         

更新履歴

お気に入り

中古 本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ方法!これだけは知っといて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。