Top >  豊胸手術 >  注入による豊胸

スポンサードリンク

注入による豊胸

注入する方法としては、脂肪を注入する方法やヒアルロン酸を注入する方法があります。
ヒアルロン酸を注入するといったいどうなるのでしょうか?
ヒアルロン酸とは、もともとプチ整形といわれる、鼻を高くする、顔のシワを取る、目を大きく見せる、といった、ちょっとした部分を整形するときに使われていたものです。
ヒアルロン酸の中にはハリを戻す効果もあることから、最近では豊胸にも使われるようになり、人気が出てきました。
しかしヒアルロン酸は一度に大量の注入が出来ないため、形を整えたり、少しだけバストアップをする、そういった場合に使用されています。
注入するのは、一般的には150cc程度です。
これでバストのサイズが1カップから1.5カップアップします。
またメス等でわきの下を切除する方法とは違い、注射だけですので、手術の跡を気にする必要はありません。
ただヒアルロン酸をバストアップに用いるには、少し問題もあります。
体内に吸収されてしまうのです。
以前は1年くらいで体内に吸収され、なくなっていたようです。
最近では技術の進歩から、2年くらいは効果が持続するようです。
この手術は、短時間で手術も終わり、また料金も安価で手軽に出来ます。
胸のプチ整形ですね。
ただ問題点もあり、日本の外科会から認可が下りていないので、保険がきかないということです。
現に、多数の実績を残しているため、安全性においては問題がないと考えたれていますし、実際にヒアルロン酸を使用して豊胸している人もいるのです。

 <  前の記事 豊胸なら高須クリニック?  |  トップページ  |  次の記事 脂肪吸引と脂肪注入  > 

         

更新履歴

お気に入り

中古 本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ方法!これだけは知っといて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。