Top >  豊胸手術 >  豊胸手術の方法

スポンサードリンク

豊胸手術の方法

豊胸手術とは、大きくわけて2種類の方法にがあり、胸の中にバッグを入れる方法(手術)と胸の中に脂肪やヒアルロン酸を注入する方法です。
バッグを入れる方法として、それぞれのバッグを挿入するのですが、挿入する際には脇の下を数センチほど切り挿入し、その後人口乳腺を挿入するようになります。
最近では、バッグも破れにくく耐久性があり、安全性も向上している上に、触った感じも自然に近い感触になっています。
どのような形にしたいのか、どれくらいの大きさにしたいのかによって、バッグの種類や形状が変わってきます。ですので、特にお医者さんと相談し、ゆっくり時間をかけることも大切です。
またお腹や太ももの脂肪をなくしたい人、体型をスリムにしたいと思っている人の場合も、胸の中に脂肪やヒアルロン酸を注入することも可能です。
どちらも安全面はかわりません。

 <  前の記事 豊胸手術(バッグ法)  |  トップページ  |  次の記事 豊胸なら高須クリニック?  > 

         

更新履歴

お気に入り

中古 本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ方法!これだけは知っといて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。