Top >  胸を大きくしたい >  女性ホルモンとバスト

スポンサードリンク

女性ホルモンとバスト

女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)は、バストの発育にとても重要です。
この女性ホルモンの分泌が活発になると、バストが大きくなります。
思春期にバストが大きくなるのは、この女性ホルモンの分泌が活発になる時期ということになります。
女性ホルモンが活発になる時期をバスト発育期とすると、その頃は思春期とかさなります。
思春期の女性は、どうしても不規則な食事、偏食になりがちです。
また受験勉強による過度のストレス、夜食なども食べてしまいますよね。
その夜食もインスタント食品を食べてしまったり、またコンビニやファミレスでの不規則な生活になってしまいがちです。
このようにストレスがあっても、バストの成長が止まる原因となります。
乳房にじゅうぶんな栄養が行かなくなると、バストは発育不良になるのです。
またほかに考えられることとしては、冷え性や貧血気味の人、生理不順や整理通の人などは、バストの小さな人に多いようです。
これはホルモンバランスが崩れていることが原因と考えられています。
健康であり、ストレスが少ない快適な生活が、女性ホルモンが正常であるためには必要だということです。
こういったことから考えても、バストの大きさと女性ホルモンには深い関係があります。

 <  前の記事 豊胸と姿勢の問題  |  トップページ  |  次の記事 貧乳とダイエット  > 

         

更新履歴

お気に入り

中古 本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ方法!これだけは知っといて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。