Top >  胸を大きくしたい >  バストの構造について

スポンサードリンク

バストの構造について

バストの構造について考えてみましょう。
日本人女性の平均的な乳房はどれくらいの大きさなのでしょうか?
片方で牛乳ビン約2本分(約180cc〜330cc)といわれています。
さらに乳房の方向は下より上に、外側より内側に動きやすいといわれています。
しっかりとした大胸筋と皮膚のハリが、乳房を美しく見せるために必要だということは以前の記事にも書きましたが、ここでもわかるようにやはり大胸筋は乳房の土台ということですね。
乳腺の発達は乳房の大きさと関係があります。
また乳腺の発達は女性ホルモンとも関係があります。
ということは、女性ホルモンは豊胸と関係しているといえます。
バストは、脂肪組織、腺組織、繊維組織で構成されていて、その中に、血管、乳管、脂肪、乳腺、感覚神経が張り巡らされていています。
さらに、腕の動きを支える大きな筋肉、胸筋が体の中心側にあるのです。

 <  前の記事 大胸筋とバストアップ  |  トップページ  |  次の記事 下着とバスト  > 

         

更新履歴

お気に入り

中古 本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ方法!これだけは知っといて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。